耐火物産業の調査及び研究を通じ、会員の自由な事業活動を促進し、業界の発展に寄与する。耐火物協会

〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-13
TEL (03)3571-3300
FAX (03)3572-4831

ご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

耐火物協会会員の皆様におかれましては、ご家族の皆様ともども、つつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年の日本経済は順調に回復過程を辿っているように思われましたが、耐火物業界の主要顧客である鉄鋼業界においては、一昨年秋口より顕在化した中国の過剰能力・過剰生産に起因する世界的な鋼材需給インバランスと市況暴落に見舞われ、年前半は非常に厳しい経営状況に陥りました。年後半となり、中国の過剰生産は継続しつつも鋼材市況は緩やかに是正が図られ、鉄鋼各社の経営状況も徐々に回復しているように見えましたが、このタイミングで俄かに原料炭価格の急騰に見舞われ、足下では粗鋼生産量は昨年比増加しているものの再び厳しい経営を余儀なくされているようです。
  一方昨年の耐火物業界は、原料市況が安定していたこと、為替レートは年初こそ円安でしたが4月頃より100円/ドル台と相対的に円高基調であったこと等から、総じて言えば比較的落ち着いた経営環境にあったのではないでしょうか。 しかしながら、大方の予想と異なる結果となった11月の米国大統領選挙後、トランプ氏の米国経済に対する強い支援姿勢表明に基づく先行き期待感が、米国株高とともに急激なドル高円安をもたらしています。このような為替レートの動きは、日本経済全体に対して好影響をもたらしているようですが、耐火物業界にとっては、原材料価格が上昇気味であることと相俟って、ややネガティヴな要素として認識せざるを得ないのかも知れません。
  いずれにしても、資源価格・原材料価格・為替レートなど経営を左右する諸要素の年内動向を予測することは難しいことでしょうが、協会会員各社におかれては、これらの変動に一喜一憂することなく経営環境変化に的確に対応しながら、需要に見合った生産に徹しつつ顧客に信頼される製品を安定供給していくことが肝要であろうと思料いたします。

さて安全について一言いたします。昨年の安全成績は、一昨年に比べ休業災害・不休業災害ともに減少したものの、全体で46件も発生しており未だ満足できる水準ではありません。原因別には「挟まれ巻き込まれ」が41%と最も多く、またこの2、3年の傾向としては「無理な動作」と「転倒」の急増が目立ちます。「安全なくして生産なし」を忘れずに、今年こそ総力を結集して完全無災害の達成を目指しましょう。

本年も協会として少しでも会員の皆様のご期待に沿えるよう全力を傾注する所存ですので、なにとぞご指導ご協力のほどお願い申し上げます。
  会員の皆様にとりまして益々明るく充実した一年となりますことを祈念して、新年の挨拶といたします。

会長 伊倉 信彦
  • TOP
  • 耐火物協会について
  • 耐火物とは
  • 耐火物製品の紹介
  • 協会役員
  • 協会会員
  • アクセス

Information